不動産の基礎知識

住宅ローン - 不動産全般の情報サイト「不動産の基礎知識」


  • HOME
  • 住宅ローン

家計支出の中心、ローンを考えよう

住まいには、大きく分けて賃貸住宅と持ち家の2種類があります。賃貸住宅と違って、持ち家の場合、土地や家を買うということになるので、とても大きな金額がかかります。一般的に、人生最大の買い物といわれています。金額の高さから、他の買い物と違ってすべてを現金払いすることはとても難しいことです。マイホームを購入するとおよそ数百万円から数千万円という金額がかかります。そのため、銀行などの金融機関を活用する必要があるのです。では、銀行はどのように不動産と関わってくるのでしょうか。

銀行には、マイホームを購入できるようにするために、お金を貸してくれる住宅ローンというものがあります。マイホームの購入にかかる費用を銀行が支払ってくれます。そして、マイホームを購入した人が、長期間にわたって銀行に毎月、利息をつけてお金を支払います。結果的に銀行はマイホーム購入の際に支払った以上のお金を回収でき、利益を得ますので銀行はお金を貸してくれるのです。

銀行は高額なお金を貸す側にいます。なので、当然借りる人の審査が必要になります。マイホームを購入する人の仕事や収入、貯金などのバランスから信用・信頼性を判断し、貸しても月々のローン支払いに問題がないかどうかを審査するのです。そして審査が通れば、銀行は住宅ローンとしてお金を貸してくれるのです。

住宅ローンは不動産取得のためのローンであり、特徴として金利が自動車ローンやカードローン、フリーローンに比べて低いです。これは不動産が、信用性が高いこと、他の資産に比べて価値が安定していることなどが挙げられます。その安定性から、銀行も住宅ローンには金利を安く設定して、多くの人に借りやすくしているのです。

不動産と銀行、そして住宅ローンについて詳しくなれば、マイホームを購入する時にとても助かります。マイホームを購入するのにどのくらいのお金が必要なのか、頭金や貯金はどのくらいあるといいのか、月々の支払いはどのように決めればいいのか、住宅ローンを利用するためにどうすればいいのか、などマイホームを買って住むということは、こうした情報を整理しなくてはいけません。そのほかにも住宅ローンには種類があり、どれが自分にとって合っているのかも知る必要があります。マイホーム購入の際には銀行との付き合いもしっかりしましょう。そうすれば、どの銀行の住宅ローンが自分にとってベストなのかがきっとわかるようになるでしょう。

マイホームを購入したら、毎月支払うローンは家計にとって、とても大きな支出となりますので、正しい選択をしましょう。住宅ローンについて、これからさらに詳しく説明していきます。金利の種類から住宅ローンの利用方法について考えてみましょう。